サプリメント・ビタミン

 

「DHA、EPA」

ミネラル」「たんぱく質」は、私たちの体を構成する約60兆個の細胞を作るために非常に重要な役割を持つ栄養素であることはもうご存知ですよね。
今回は、細胞のそれぞれにある、細胞をつくる働きを「細胞工場」に見立ててご説明します。工場では、新しい細胞をつくったり、古くなった細胞をこわしたりという新陳代謝を繰り返し、わたしたちの肌、髪、筋肉、骨などがつくられています。細胞をつくる「材料」となっているのが「たんぱく質」。そして、「材料」を組み立てる「部品」のような役割を担っているのが「ビタミン・ミネラル」です。つまり、「ビタミン・ミネラル」「たんぱく質」は体をつくる基盤となる栄養素なのです。

しかし、体を作るにはこれらの栄養素を細胞工場に届ける必要があります。食事からとった栄養素は腸で吸収され、血液によって運ばれます。
ですが、腸内環境が悪く、血液がドロドロ、血管カチカチだと栄養素を十分に届けられません。腸の維持には、「食物繊維と乳酸菌などの善玉菌」、血液や血管の健康維持には「DHA、EPA」が重要な働きを担っています。