ホリスティック栄養学

オプマスヘルスCyber-Price

 

ホリスティック(全的)な健康観に立脚する
人間を「体・心・気・霊性」等の有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。
自然治癒力を癒しの原点におく
生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強することを治療の基本とする。
患者が自ら癒し、治療者は援助する
病気を癒す中心は患者であり、治療者はあくまでも援助者である。治療よりも 養生、他者療法よりも自己療法が基本であり、ライフスタイルを改善して患者自身が「自ら癒す」姿勢が治療の基本となる。
様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う
西洋医学の利点を生かしながら中国医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法、などの各種代替療法を総合的、体系的に選択・統合し、最も適切な治療を行う。
病の深い意味に気づき自己実現をめざす
病気や障害、老い、死といったものを単に否定的にとらえるのでなく、むしろその深い意味に気づき、生と死のプロセスの中で、より深い充足感のある自己実現をたえずめざしていく

病気になったときには、過労や生活習慣の乱れ、ストレス過多などの種々の原因で“自然治癒力”が低下してしまって発病してしまうことが多くみられます。
したがって、その原因をそのままにしておいて、薬や処置だけを用いたのでは根本的な治療になりません。治療、癒しの原点は、生命が本来もっている“自然治癒力”を基盤におき、この自然治癒力を高め、増強することだといえます。
医学の研究においても「自然 治癒力はどうすれば高まるか」という取り組みがもっと増えていき、医療の現場でも薬や処置だけでなく自然治癒力を高める方法を行ったり、指導することが期 待されます。
定義3. 「患者自らが癒し、治療者は援助する」
病気になっているのは患者さん自身です。したがって、本人がまず治療に取り組もうという姿勢が大切です。一昔前のような「お医者さん任せ」で、ただ薬を飲 むとか注射だけで治してもらいたい、といった考え方ではなく、医師や治療家からやってもらう治療よりも患者さん自らが自然治癒力を高めるための“養生”を 実践したり、自分で行える“自己療法(セルフケア)”を行い、生活習慣・ライフスタイルを改善して自然治癒力を高め、「自ら癒す」姿勢が基本となります。

一方、医師や治療家としては、薬や施術だけを行うのではなく、患者さんが自ら取り組むための「養生法」や「セルフケア」の方法を指導し、患者さんが主体 的に治療に取り組むのをサポートする姿勢が重要になります



定義4. 「様々な治療法を選択・統合し、最も適切な方法を行う」
ホリスティック医療では、自然治癒力を高め、患者さんが自ら取り組む方法を重視することから、バランスを整え自然治癒力を高める種々の補完・代替療法を用 いることが多くなります。



しかし、ここで大事なことは、ホリスティック医学はアンチ西洋医学ということではなく、西洋医学が必要な状態ではタイムリーに上 手に用いることが推奨されます。
例えば、盲腸のときの的確な手術や不定愁訴のときに種々の検査で異常がないかを調べておいて重病がないかを確認しておくことなどです。
また、種々の補 完・代替療法をいくつか併用することもおこりますが、その際にただ寄せ集めるだけでなく、患者さんに適した時期や組み合わせなどを検討して統合的、体系的 に用いることが重要になります。



定義5. 「病の深い意味に気づき、自己実現を目指す」
病気は障害、老い、死などは一般に喜べるものではないとしても、単純に偶然の災いとか嫌なものととらえるのはなく、これらの一見否定的にみえることの意味 を考えることが重要なことになります。
病気になった原因・意味を生活習慣の問題やストレスの受け方や対応の仕方の問題などから考えること、さらには、社会制度、職場環境など個人を越えた問題 として、そして環境問題など、人類、地球レベルでの問題をも考えることで気づきが得られ、むしろ人生の転換点になることもあります。

また、これらの否定的 なことを人生のプロセスの中でどう考えていくかということ、健康や若さなどの明るい面だけをよしとするのではなく、病気や老いなどの影の価値をも認めてい く姿勢を重要と考えています。